NEWSお知らせ

TOPお知らせ

2021.06.21オーロラタイムズ 第8号 極光LED「e prism/イープリズム」シリーズやってます

こんにちは。オーロラタイムズ編集長のオーラです。先週に引き続きまして、今回も弊社製LEDランプをご紹介させて頂きます。

皆様、憶えていらっしゃいますか?今からおよそ12,3年前(震災の少し前)、LED電球が世に出始めた頃、政府が省エネの観点から電球(P.S型)撤廃の方向に大きく舵を切り、電球の製造販売をやめるとT社が掲げ、それに呼応する形でH社もM社も、そして最大勢力P社まで電球の生産から撤退して行きました。当然LED電球に移行してもらう為でしたが、意外にも世間の電球人気は根強く、当時1万円前後していたLED電球を購入するのは、一握りの新しい物好きセレブリティだけで、なかなか普及して行かなかったのです。そんな中で極光電気は同じLED電球を作ってP社,T社,M社,H社の横に並べて販売したところで、それこそ余程のモノ好きか極光電気のファン(数名いらっしゃいます)というマニア様に数個購入頂けるくらいでしょう。そう思って、弊社でまずLEDの指向性をもっとも効率的且つ効果的に使える光源を模索し、結果的にハロゲンランプの代替品としてハロゲン型LEDランプの開発に着手。「プリズム」プロジェクトが走り出した瞬間でした。しかも我々にしては珍しく、中身の質以上にデザインにもかなり力をいれました。その甲斐あってEPA/EPC50TS型とEPA/EPC70TS型は、弊社で初めてグッドデザイン賞を受賞した製品になりました。これがキッカケかは分かりませんが、東京を代表する有名ホテルを始め、外資系超高級ホテルの代名詞的存在にまでなり、指名買いされるくらいにまで成長したLEDランプe prism。当時のLEDランプ全体での販売数量で考えれば、だいぶ省エネに寄与したと勝手に思っております。少しだけ背伸びをしたプロジェクトでしたが、それだけに「e prismシリーズ」は弊社にとって様々な思い入れ、多くの学び、そして気づきを与えてくれた、極光電気の看板商品になりました。そう遠くない内にLED導入事例集も公開予定です。どうぞお楽しみに。

編集長のオーラでした。

TOPへ戻る

COMPANY